ドラムサークル開催案内  青葉航のインスパイア・ドラムサークル 東京都渋谷区・港区
ドラムサークル ロゴ
インスパイア・ドラムサークルでは、楽器を用いて、人の可能性を引き出すリーダーシップ&チームビルディング研修を行っています。
 ドラムサークル・トップページ東京ドラムサークル開催案内
【ドラムサークル】
ドラムサークル開催案内
ドラムサークルとは?
ドラムサークル開催履歴
ドラムサークル開催相談
ドラムサークル関連の本

【メディア掲載】
ドラムサークル記事

 <メディア掲載>
 2011/11/26(土)北海道岩内町で開催したドラムサークル(北海道新聞)
 2011/12/3(土)三重県東員町で開催したドラムサークル(伊勢新聞)

 <動画>
 2013/2/10 宮城・秋保温泉「華の湯」にて開催したファミリー向けドラムサークル




 1997年以来、17年間で1,500回、のべ1万5千人を超える人々と
 さまざまなワークショップを開催してきたファシリテーター・青葉 航(ワタル)が、

 2003年11月に「ドラムサークル」と出会い、
 「一人でも多くの方に体験して頂きたい!」と願って自主開催しています。
 まずは、体験してみてください♪







 「自分は楽器は苦手」と思い込んでいるあなた、

 「リズム感、音感がない」と思っているあなたにこそ、
 ドラムサークルを体験して頂きたいです♪

【打楽器にふれて、あなたの中にあるリズム感を引き出しませんか?】
東京ドラムサークル@浜松町
ドラムサークル・ファシリテーター青葉航  ドラムサークルとは、
 「打楽器を持った多数の人々が輪になって、即興でアンサンブルすること」。
 チームビルディング、リーダーシップ研修のほか、
 リラクゼーション、コミュニケーションの一環として最適です。
 小学校の音楽の時間に、幼稚園保育園の親子レクリエーションに、
 キャンプでのアクティビティにドラムサークルをどうぞ!



■「ドラムサークル」ファシリテーター
ドラムサークル・ファシリテーター青葉航 青葉 航
Aoba Wataru
東京ドラムサークル代表
DCファシリテーター

プロ起業コーチ
NLPトレーナーアソシエイト
1972年生まれ、早稲田大学商学部卒。
ベンチャー企業への投資会社、ブランドライセンス商社、コンサルティング会社の社長を経て、プロ起業コーチとして独立。

1997年以来、学びと交流のためのさまざまな会を1,000回にわたって主催、のべ10,000人を超える参加者と交流している。

ドラムサークルは2006年1月より計182回主催し、子どもから大人までのべ7,266名にファシリテートしている。


ドラムサークルの父といわれるアーサー・ハル氏に師事。
これまでに国内での研修に10回、ハワイでの研修に4回参加。

知的障害児・者の就労支援を行っているNPO法人テクノシップと共同で、「東京ドラムサークルズ」を設立。年に6回、定期的に東京・港区内にてコミュニティ・ドラムサークルを開催中。

東京・港特別支援学校におけるドラムサークルでは、
外部指導員として放課後等活動支援推進事業を担う。


ドラムサークル(Drum Circle)とは?

 パーカッション(打楽器)を持った多数の人々が
 輪(サークル)になって、
 ファシリテーターの指示を活用して、即興でアンサンブルすること。
 年齢・性別・楽器のキャリアを問わず、
 誰でも参加できるので、世界中に広がっている。


ドラムサークル・ファシリテーターとは?

 「ファシリテート(facilitate)」とは、
 「容易にすること・楽にする」という意味。

 ドラムサークルの父とも呼ばれるアメリカ人、アーサー・ハル氏によって
 ハワイほか世界中で養成講座が開催されていて(日本では毎年1回)
 ドラムサークル運営の基礎を学ぶことができます。

 ドラムサークル・ファシリテーターの役割は以下です。

 ・グループが自分でも意識していなかった可能性を引き出し、
  コミュニティ・ドラムサークルとして機能するように導く。
 ・参加者が自分たちの経験を通して、ドラムサークルを
  成功させる要素を学べるように指導する。
 ・異なるピッチやタンバー・グループを、1つのオーケストラになるよう指揮する。
 ・参加者の盛り上がる熱気と相乗作用を、
  スピリットを分かち合えるところまでガイドしていく。
 ・グループが、彼らの持つリズム的可能性を最大限に発揮
  できるよう、インスピレーションを与える。


ドラムサークルの効果

 ・楽器ができないと思っている人、リズム感が無いと思っている人も
  安心して音を出して楽しめる。
 ・いろいろな打楽器(用意します)に触れることができる。
 ・その時参加したメンバーにしか起き得ない音楽が創り出せる。
 ・音によるストレス解消、ヒーリングが起きる。
 ・音・振動によるリズム・マッサージ効果がある。

通常の「ドラムサークル」の流れ
 
 ◎会場設営、楽器搬入
 ◎ドラムコール(参加者が集まって演奏開始)
 ◎ウィンドウ・オブ・コミュニケーション(主催者、ファシリテーターからのメッセージ)
 ◎参加者で一体となって演奏
 ◎クロージング
 ◎会場撤収、楽器搬出

【ドラムサークルを、あなたの地元で開催してみませんか?出張いたします。】
 「ドラムサークルを開催してみたい!」というご相談は、以下をお読みください。
  
 主催者(オーガナイザー)が集客しファシリテーターが出張して、開催します。
 (楽器レンタルの用意あります)
 以下の事項の事前検討が必要になります。(無料で開催ご相談のります)
 
1.ドラムサークル開催の目的は?
  ビジネス向け: 研修のアイスブレイク、チームビルディング、異なる組織文化の融合など
          全社会議のオープニング、クロージング 
        顧客向けイベント、販売促進、集客など
  教育現場向け: 小・中・高校・大学など学校での授業、夏休みイベント、課外活動
          児童館、学童保育での開催
        フリースクール、知的障害児・者向け        
 
2.ドラムサークル開催人数は?
  最小6名から開催できます。数百人規模でも可能です。
 
3.ドラムサークル開催場所は?
  音楽室、リハーサル室、ホール、体育館、音楽スタジオ、野外キャンプ場など
  音量や周囲の環境に配慮する必要があります。防音設備があると最適。
 
4.ご予算は?
  会場代(前後の楽器の搬入・搬出の時間を含め2〜3時間必要です)
  楽器運搬費(レンタカー代、ガソリン代、高速代)など
  楽器レンタル料(楽器は壊れるものです。一人当たり500円程度)
  人件費(ファシリテーター講師料、アシスタントスタッフなど)
 

ドラムサークル・トップに戻る


・ドラムサークル開催案内    ・東京ドラムサークルズ ・アーサー・ハル
ドラムサークルとは? ・ドラムサークル・ファシリテーター   ・ハワイプレイショップ
ドラムサークル開催履歴  ・ドラムサークルの効果
ドラムサークル開催相談 
ドラムサークル関連の本